ウフルIoTイノベーションセンター

profilesメンバー紹介

  • 八子 知礼

    八子 知礼(Tomonori Yako)

    IoTイノベーションセンター所長
    兼 エグゼクティブコンサルタント

    松下電工(現パナソニック)、アーサーアンダーセン/ベリングポイント、デロイト トーマツ コンサルティング執行役員パートナー、シスココンサルティングサービスのシニアパートナーを経た後2016年4月より現職。通信/メディア/ハイテク業界中心のビジネスコンサルタントとして新規事業戦略立案、バリューチェーン再編等を多数経験。MCPC、ITスキル研究フォーラム、新世代M2Mコンソーシアムでの委員、理事などを歴任、現在はCUPA(クラウド利用促進機構)運営委員・アドバイザー、日本英語教育検定協会理事、mRuby普及促進協議会アドバイザーを務める。著書に「図解クラウド早わかり」「モバイルクラウド」(いずれも中経出版)がある。

  • 杉山 恒司

    杉山 恒司(Koji Sugiyama)

    IoTイノベーションセンター
    ゼネラルマネージャー

    大手通信事業者IT部門にて約16年間システムエンジニア、システム営業、新規事業開発等を担当。同社在任中の2000年頃から、PAN(Personal Area Network)を活用した複数の新規事業を協業先企業と推進。その後、IT系ベンチャー企業の経営、上場企業グループ企業にてプロジェクトマネージャー、新規事業企画推進責任者等を担当し、その後は個人として複数企業の顧問、アドバイザーに就任。2012年にウフルに入社し、開発部門長、人事総務部門長、営業部門長、アライアンス部門長等を担当し、IoTイノベーションセンターの企画立案、発足と同時にGeneral Manager就任。大分県商工労働部戦略アドバイザー。

  • 竹之下 航洋

    竹之下 航洋(Koyo Takenoshita)

    IoTイノベーションセンター
    IoTアーキテクト

    立命館大学理工学研究科にてロボティクス及び生体工学を修める。在学中にドワンゴ研究開発センターにてWebシステムの開発に従事した後、ハードウェア系スタートアップに参画、執行役員COOを務める。2009年からは組み込み機器ベンダーにて製品開発及び製品企画に従事、IoTを活用した新規ビジネス立ち上げを行う。2016年4月より現職。展示会、セミナー等での講演多数。IoTの普及促進に努めつつ、そのセキュリティリスクについての啓蒙活動を行う。

  • 松浦 真弓

    松浦 真弓(Mayumi Matsuura)

    IoTイノベーションセンター
    マネージャー

    株式会社マクニカにて、集積回路のアプリケーションエンジニアとして大手製造業の技術サポートを担当。その後、ラティス・テクノロジー株式会社にて、10年以上にわたり、 製造業を中心とした3D CAD関連ソフトウェアのマーケティング、 製品企画、パートナー営業に従事し、同社の成長に貢献。近年は、建築・建設業界の 3Dデータ活用を提案・導入支援するエバンジェリストとして活動した。業務と関連した活動として、iOS端末のエンタープライズ利用を促進する活動を展開する一般社団法人iOS コンソーシアムで、製造業でのタブレット活用を推進する製造ワーキンググループを発起人として設立し、約3年間、リーダーを務めた。2016年5月より現職。

  • 土本 寛子

    土本 寛子(Hiroko Tsuchimoto)

    IoTイノベーションセンター
    マネージャー

    製造業系システム開発会社にてJavaプログラマー及びSEとして従事。その後、ネクステック株式会社(現在は経営共創基盤に事業統合)へ入社。コンサルタントとして大手製造業の部品表(BOM)構築・連携プロジェクトへ参画。設計から製造へのBOM連携のみならず、営業や購買、保守プロセスも含めた横断的な改革プロジェクトに多数従事。その後、株式会社チェンジに入社し、当時黎明期であったビッグデータに関する情報サイトの立ち上げ及び副編集長を務め、企業のデータ活用を支援。2016年11月より現職に至る。

  • 中山 弥香(Mika Nakayama)

    IoTイノベーションセンター
    マネージャー

    株式会社インテックのSEとして製造・流通・販売管理システムの開発やグループウェアの導入を支援。その後、東京大学教授秘書として黎明期のウェアラブル機器および情報ネットワークを推進するNPOの設立・運営を担当した。その後、物流資材レンタルのユーピーアール株式会社にて位置情報サービスの立上げに従事、同社のIT事業参入に貢献。大手個配事業者のセキュリティ輸送サービスの運用や、トラッキング技術を活かしたカーシェアリングサービスの開発・運用、太陽光発電設備監視などモバイル通信を利用したM2Mサービスの開発を支援。またIoT/M2Mサービスの協業パートナー開拓に従事した。2017年1月より現職。

  • 栗原 洋介(Yosuke Kurihara)

    IoTイノベーションセンター
    コンセプター

    株式会社電通を経てウフルに参画。奈良県在住で東京、大阪、京都が主な活動範囲。民間企業のみならず公共組織などの「それで、これからどうする? (=Vision Issue) 」という最上位の疑問に対して、歴史・未来・文化を創造するアプローチをもとに、ベストバランスのコンセプトを創出して関係者を巻き込んで動かすことを得意とする。大学・専門学校での講師実績多数。本センターにおいては、IoTを、デザインやクリエイティブと組み合わせた視点で解釈し、感性と理性をミックスした新たなイノベーションを巻き起こす役割を担う。

Page Top